こんにちは!S-tech 齋藤です!

小さいからと侮るなかれ!

何年も前から同じようなことブログで書いてますが(^^;)

ホント小さくても難しい凹みってたくさんあるんですよ。

今日のご紹介も小さいけれど難しい凹みです。

まずは新潟市中央区の業者様でフィアットのフロントフェンダーに小さな凹み。

フィアット 2016 8 20

プレスラインが鋭角に凹んでいます。

凹み自体を出すのは難しくないのですが、鋭角に凹んでいる=塗装肌も崩れている証拠ですから

最後の塗装肌を合わせるのが難しいと言うか腕の見せ所ってやつですか(^^)

ドイツ車は塗装肌を合わせやすいのですがイタリア車は難儀します(^^;)

続いては新潟市西区のお客様でダイハツ・ハイゼットのリヤクオーターに左右2か所の凹みです。

ハイゼット 2016 8 22

こちら側は凹みの角度が横方向に擦ったような凹みで、横から見たり上から見たりと何方向からも

確認しながらリペアしないと綺麗には直りません。

そして反対側には傷もある小さな凹みです。

ハイゼット 2016 8 22a

傷があると傷周辺の鉄板が硬くなっている場合が多く、こちらも経験値がないと綺麗には直せません。

左右とも難易度の高いリペアでしたが無事綺麗に修復完了です(^^)

他店でこれはデントリペアでは直せないと言われても諦めないで下さい!

そのような凹みも直せる可能性はあります。

まずはお電話くださいね!

ありがとうございましたm(__)m