こんにちは!S-tech 齋藤です!

今日から8月、夏本番ですね(^^)

ご依頼頂くお客様からよく、これくらいの金額で綺麗に直るならもっと早く頼めば良かったって言われます。

悶々と悩むならまずはご相談くださいね(^^)

それでは今日のご紹介です。お車はレクサスでまだ納車後間もない新車状態。

レクサス 2016 8 1

何でできた凹みかオーナー様も全く分からず悩んでいたそうです。

場所はリヤドアの上(ルーフサイド)なので裏側からのツールアクセスは厳しい場所。

お客様と相談してプーリング(引っ張り)での施工となりました。

画像では分かりませんが、円ではなく歪な形の凹みでかなり苦労しましたが無事綺麗に修復完了です!

これで乗り込むたびに凹みを見てブルーな気分になることもありませんね(^^)

続いてはトヨタ・ヴィッツのお客様で、先日ご紹介したインプレッサと同じようなプレスラインの凹みです。

ヴィッツ 2016 8 1

現行のヴィッツはフロントドアよりリヤドアのプレスラインの方が鋭角に尖がっていますので

当たりやすいのかも知れませんね。

これで洗車のたびに気になっていた凹みが無くなりましたのでまた楽しく洗車ができるのではないでしょうか?(^^)

 

小さな凹みなんだけどこの凹みさえ無ければって悩んでおられるお客様も多いと思います。

通常のエクボやドアパンチでご依頼が一番多いのは3㎝前後の凹みです。(15000円前後が大半)

お悩みの方は見積もり無料ですのでお気軽にお問合せください!

ありがとうございましたm(__)m