近年の日本では、集中豪雨や雹害などの自然災害が多発しています。
昨年も東京都・栃木県・群馬県など全国で大雹害がありました。
雹は建物や農地、そして大切なお車にも大損害を与えてしまいます。
不運にも雹害に遭ってしまった車両の修復は、
板金塗装の場合はボンネット交換、ルーフカット交換、ドアやクォーターはパテ埋め塗装と
大掛かりで高額の修理費用と時間が必要です。
しかも板金塗装で修理されたお車は事故車扱いになり、お車の残存価値が下落してしまいます。
しかし近年、雹害車の修理に脚光を浴びているのが、デントリペアによる雹害車修理です。
デントリペアは特殊なツールで修復する為、お車の残存価値が下がる事はございません。
修理費用も、板金塗装と比べると大幅に出費を抑えられるメリットが御座います。
雹害は車両保険も適用される為、
お車の残存価値を維持しながら綺麗に直せる最良の修理方法となります。

雹害車の施工料金

車両保険を使って修理する場合、基本的に雹害は自然災害ですので、
お客様の過失はゼロとなります。したがって翌年の等級ダウンも御座いません。
実際の施工までの流れは、
■車両保険を使う場合
☆ お客様のご契約している保険会社様に依頼する業者の社名や連絡先を伝える
☆ 保険会社様より修理業者に連絡が入る
☆ お客様と修理業者で入庫日の打ち合わせ
☆ 保険会社様立会いのお見積もり
☆ リペア開始
☆ お客様に納車
■お客様実費での場合(車両保険未加入)
☆ 雹害車はお車の被害状況が1台1台全く違います。
現車確認にてお客様とご相談の上、お見積もりさせていただきます。