こんにちは!エステックジャパン齋藤です(^^)

デントリペアはミリ以下の精度でツールコントロールして綺麗に直します。

かなり集中力がいるんです(^^;)

なのでお腹も減ります(笑)

ダイエット中なので摂生してますけどね!

それでは今日のご紹介1件目はフォルクスワーゲン・GOLFヴァリアントの

フロントフェンダーから。

小さい凹みですが少し鋭角に凹んでいたので凹みを出した後の肌調整(ゆず肌)

が肝のリペアです。

凹みを出してもゆず肌まできっちり合わせないと違和感が残ってしまうので

正確に集中してツールを操ります(^^)

続いてはBMW 3シリーズのドアです。

この型式のBMWはドアプレスラインより上部は2重構造だと記憶していたのですが、

普通にツールアクセスできました(^^;)

記憶って適当で間違うんだなと(><)

続いてはホンダ・ヴェゼルのバックドアに大きめな凹みです。

深さのある凹みで少し苦労しましたが綺麗に完了!(^^)

汗だくです・・・

続いては三菱・デリカD5のスライドドアです。

画像だと分りにくいですが縦に歪みも結構ありました。

デリカはツールアクセスの良い車種なので短時間で完了です!

お盆明けてからルーフの凹み依頼が急増です。

カラスによるクルミの落下被害やゴルフボールなどの被害もあります。

洗車時にあれ?っと思ったらご相談下さいね!

ありがとうございましたm(__)m